​海洋プラスチックラボ (環境プロジェクト)

バナー
アクセサリー
走行型
海洋プラ
散策
seabin

​お知らせ

2021.10.20    浦賀ボートパークに海ごみ回収装置

      を設置

2021.09.23    ららテラス武蔵小杉にてイベント

2021.09.15    新聞記事にプロジェクトが紹介

2021.09.10    学会発表

2021.08.05    Seabin クラウドファンディング開始

2021.07.13    前期報告会​

武蔵野大学 工学部 環境システム学科でおこなわれている授業です。

学生が、自ら見つけた課題に対して、計画、行動し、実現する。企業や行政と

協力して解決策を考えたり、地域を巻き込んだイベントをしたり。その評価をして、

また新たな課題に挑戦する。
それが環境システム学科における問題解決型授業「 環境プロジェクト 」(略称:環プロ)です。

​海洋プラスチックラボはそのような活動の一つとなります。

​内容

海洋プラスチックラボは2019年4月から活動をしています。

​東京湾から歩いて5分の場所に大学があることを活かして毎日、様々な海の環境問題に触れています。

特にこのラボでは海洋プラスチックを対象に「現場に行って自分達の目で見て考え・判断し、それに基づいて何が今できるのかを考え行動していく」ことをモットーとして科学的な調査に加えて様々なアクションを企業、市民の方々の力を借りながらおこなっている最中です。

​具体的には「今ある海ごみを減らしていこう」、「自分達で科学的に調査しよう」「回収した海ごみを何とかしよう」、「海洋プラスチックラボを知ってもらおう」の4つをテーマとして活動しています